ウミウサギ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS F1 マレーシアGP

<<   作成日時 : 2010/04/06 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

F1第3戦 マレーシアGPがセパンインターナショナルサーキット
で開催された。ここのサーキットの特徴は、灼熱とスコール。
マシンにもドライバーにも過酷なコースだ。

予選は、ウェットコンディションで行われ波乱が起きました。
オーストラリアGPの優勝者バトンが17位、開幕戦優勝者
アロンソが19位、ハミルトンが20位、マッサが21位と
優勝候補が下位に転落した。
その中で溝の浅いタイヤで一発掛けに出たレッドブルの
マークウェバーがポールポジションを取った。
予選は、ウェバー、ロズベルグ、ベッテル、スーティル…

決勝は、ドライコンディションでスタートした。
好スタートを切ったのは、予選3位のベッテル。チームメイトの
ウェバーを交わしトップへ。
先頭グループは、特に大きな変動がなくレースは淡々と流れる中
一番驚異的な走りをしたのは、マクラーレンのルイス・ハミルトンだ!
予選20位の位置から決勝では一時期2位まで上り詰めた。
タイヤ交換で順位を落とす事になったが最後まで攻め続けた。
フォースインディアのスーティルは粘りの走りを見せた。
コーナーでハミルトンにぴったり疲れるシーンが幾度もあったが
ひるまず自分のポジションを守り続けた。
それとは対照的にフェラーリのアロンソ、マッサは安定性を欠いていた
様な気がする。アロンソは、善戦するも最終ラップでマシントラブルで
リタイアしてしまう。マッサはペースが上がらなかった。
今日一番速さと安定性を保っていたのは、レッドブルの2台だ。
特にベッテルは最後まで安定した速さキープし今期初勝利を収めた。

レースの結果は、1位ベッテル2位ウェバー、3位ロズベルグ、4位クビサ
5位スーティル、6位ハミルトン
レッドブルが1−2フィニッシュを飾った。
今日のレースでは予選から決勝まで安定していたドライバーが好走して
いたような気がします。
レッドブルは、1戦、2戦共勝てるレースでしたがマシンのトラブルで逃して
いました。現段階では安定すればマシンとドライバーのポテンシャルが
最も高いという事を証明したレースでした。
マクラーレンは、昨年シーズンよりマシンが速くなっています。
予選さえ良くなればもう少し良い結果が得られると思います。
今年は、ニコ・ロズベルグが面白いと思います。
なかなか良い走りをしています。今後の活躍が楽しみなドライバーです。

次は、4月18日 中国GPです。



F1 1967 モナコGPプログラム ハルム優勝サーティース/ホンダRA273 予選3位
Beau Rivage
ブラバム(ブラバムBT19・レプコV8)PPクラーク(ロータス33・クライマックスV8)FLハルム(

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

F1 2002 フェラーリ M.シューマッハ スーツ カナダGP予選
Beau Rivage
2002年フェラーリのM.シューマッハ実使用スーツです。カナダ予選で使用されたものです。■この商品は

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アロンソの決断
 今週末は中国GPが開催されるF1。 でも前回のマレーシアGPのこと書こうと思います。 毎回書くタイミングが遅すぎです・・・(><) ←あなたのポチ♪が励みになります!... ...続きを見る
面白ブックマーク♪
2010/04/14 20:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1 マレーシアGP ウミウサギ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる